春の七草全部見つけるまで帰れま7!

春の七草全部見つけるまで帰れま7! (ニシカゲ)

 

果たしてニシカゲは春の七草すべてを、普通の山で見つけることはできるのか!?


・・・1月6日

 

 


 

「こんにちは、ニシカゲさん。

 

今日は16日ですが、明日17日といえば何が思い浮かびますか?」

 

「さぁ…」

 

 

 


 

17日といえば七草粥に決まってるじゃないですか!

 春の七草を刻んでお粥に入れ、邪気を払うために食べる。

 これはもう日本の伝統ですよ!」

 

「なるほど、それが何か…?」

 

「というわけでひとまず行きましょう」

 


 

「はぁ…はぁ…

 

なんでいきなり山に登るの!?」

 

「明日は17日、ということで今回の挑戦は…

 

 

 


 

 

 

です。

 ルールはこの山で春の七草を全部見つけるまで家に帰ってはいけない、の一つです」

 

「何それ、もうすでにしんどいのに…」

 

「現在の時刻が午後3時ですから、早くしないと日が暮れてしまいますよ!」

 

「ちなみに春の七草はセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、

 スズシロの7つです。さぁ、がんばってください!」

 

「はぁ…一応登りながら探すか…。けどこんな山に七草が全部あるのか…?」

 

「信じる者は救われるとも言いますし、信じて頑張りましょう」

 

「…」

30分後

 

「はぁ、はぁ…」

 

「どうですかー!ありましたー!?」

 

「はぁ……ない…」

 

さらに30分後


 

「どうですかー!!見つかりましたー!!?」

 

 

 


 

「うるせえ!!!こんな山に七草なんかひとつもねえよ!!!!」

 

「まぁまぁ…落ち着いて…」

 

「もう脚も疲れたし喉も渇いた…」

 

「あ、そこに水が湧いてますよ」

 

「ホントだ…」

 

 

 


 

ゴクゴク…

 

 

「ふう…」

 

 


 

「はぁ、行くか…」

 

「おぉ」

 

 


20分後

 

 

「あ、これ!!」

 

「お、見つけましたか!?」

 

 


 

「これハコベラじゃない?ハコベラだよこれ!!!!」


 

「いや、たぶん違うんじゃ…」

 

 


 

「やったーーーー!!!!!!」

 

(こんなに嬉しそうだしな…)

 


 

10分後

 

 

「あ、これ!」

 

「なんでしょう」

 

 


 

「これナズナだよナズナ!!!」

 


 

(これも違うと思うけど…)

 

 


 

(こんなに笑顔だしな…)

 

「少しずつ暗くなってきましたね…」

 

「あ!」

 

「また見つけましたか?」

 

 


 

「これセリだよ!セリ見つけた!!」

 


 

 

(・・・・・・)

 


 

 

 

「あの…今さら言うのも何なんですが…やっぱりそれじゃあ駄目じゃないかと…

 今までのも多分七草なんかじゃないでしょうし…」

 

 

 

「あ!!?うるせえな!!!そんなんこっちだって分かってんだよ!!」

 


 

「だいたいスズナとかスズシロなんかはカブとかダイコンだろ!?

 そんなんがこんな山に勝手に生えてるわけがないだろうが!!」

 

「まぁまぁ…」


 

「もう知らん!!!」

 

「あ、ちょっと待ってくださいよ!」

 

 


 

「あぁ…どこに行ってしまったんだ…」

 


 

「これは本格的に暗くなってきたぞ…。早く見つけないと…」

 


 

「ニシカゲさーん!!」

 

 

ん・・・?

 

「あ、あれは…」

 


 

ニシカゲさんが見つけていた雑草だ!!!

 ということはこの近くに…」

 

 

 

 


 

「あ、あれは!!!!」

 


 

「もしかして・・・ニシカゲさん!

 ニシカゲさーーーん!!

 僕です、聞こえますかー!!!」

 


 

「こちらを向いた…!

 やはり、ニシカゲさんなのか…!」

 


 

ガサガサッ!

 

「あっ!」

 


 

「く…行ってしまった…

 もうニシカゲさんには会えないのか…」

 

 

 

 

・・・それから一時間近く捜索を続けるも結局、ニシカゲさんは見つからなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ますます、辺りは暗くなっていった。

 

木の間を伝って、何処からか、獣声が哀しげに響き始めた。


慟哭の声が聞えた。


私は、先程の林間の草地を眺めた。

 

忽ち、一匹の虎が草の茂みから道の上に躍り出たのを私は見た。

 

虎は、既に白く光を失った月を仰いで、二声三声咆哮したかと思うと、

 

又、元の叢に躍り入って、再びその姿を見なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシカゲは、山に帰った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

ニシカゲ

 

陰の者


サイトお引越しいたしました!

モッケイエンタテイメントは、サイトを移転しました!

http://mokkei-entertainment.com/ 

 

これからは新しくなったモッケイエンタテイメントをお楽しみください。 

 

 

 

 

 

 

2012年

12月

30日

電車は公共交通機関!三つのルールを守って君もマナーマスターに!

2012年

12月

15日

頑張って描いた絵 『セルフポートレート』

2012年

11月

08日

新人類

かつて『新人類』という言葉が流行語となった年があった。

続きを読む

 

ナルヒラ