神保悟志のレアチーズケーキを求めて

神保悟志のレアチーズケーキを求めて (kubomi)

神保悟志は「豆腐+ブルーベリージャムはレアチーズケーキの味だ」と言った。

これは果たして本当なのだろうか。

 

先日、フジテレビの「爆笑 大日本アカン警察」の企画「アカン飯」で、俳優の神保悟志が「豆腐にブルーベリージャムを乗せるとレアチーズケーキになる」というものを紹介していた。ちなみに同企画はいわゆる「芸能人のアカン食生活」を見るという趣向で、栗原類が刺身に生クリームを乗せて食べたりする、そういうコーナーである。

 

この「豆腐+ブルーベリージャム」、一度100円ローソンで購入した二品で試してみたのだが、ただただ甘い豆腐という感じで、レアチーズケーキはおろかスイーツにさえ程遠かった。

そして食べながらこう思った。「神保悟志はこんな安物を食べるはずがない」と。そこで、神保悟志クラスの豆腐とブルーベリージャムでリベンジすることにしたのである。

 

 

1. 材料を求めて三条へ


あいにく私はカメラを持っていなかったので、モッケイエンタテイメントライターのナルヒラ君に同行してもらい京都は三条へ向かう。

まずは「明治屋」でブルーベリージャムを購入。

 

値段は1,785円。学生が手を出すには気が引ける値段だが、ここでケチっては 何もものにならない。ジャムに1,785円出すという未曾有の体験に躊躇しながら、ソーシャルゲームに課金するよりよっぽど有意義などと自分に言い聞かせ、二人の野口をレジに叩きつける。

 

続いて豆腐であるが、これは京都高島屋によい豆腐があるというので、高島屋へ。

 

高島屋の地下に広がる、食欲へのいざない。その値段、品質、どれをとっても「ジブンへのご褒美」級で、頭がOLになりそうだった。その奥は惣菜コーナーにある「久在屋」の豆腐を探す。

この「久在屋」さん、京ブランドの認定を受けているほどの由緒正しい豆腐のメーカーだそうだ。その中の「青竹寄せ豆腐」を購入。一つ630円。

 

これで準備は整った。ブルーベリージャムと豆腐で合計2,415円。本当のレアチーズケーキをホールサイズで購入できるくらいの金額だが、まあいい。この投資で、俺の舌は神保悟志になる。

 

ちなみに、高いものを使わないとレアチーズケーキにならないだろうというのは、ネタではなく根拠があった。豆腐とジャムでレアチーズケーキに近づけようとすると、チーズのコク、そしてレモンやヨーグルトの酸味を再現する必要がある。安い豆腐では大豆の濃厚な味はないし、安いジャムにはフルーツのフレッシュな酸っぱさがない。これだけ値の張るものを組み合わせれば、レアチーズケーキになってくれるはず、そういう確信があった。

 

2. 食べる

 

実際に食べるために鴨川へ出る。まずは寄せ豆腐だけをいただく。


 

唇が割れていてうまく笑えてないが、これは旨い。本当に豆乳で作ったホイップクリームのような味である。これは期待できると、ジャムを乗せていただく。

 

……?

美味しい!たしかに美味しいが、なんというか「そういうムース」という風な感じである。レアチーズケーキではない。何度食べても「そういう美味しいムース」でしかない。しかしこれはいける。コンビニのスイーツなんかにあってもおかしくない。レアチーズケーキでは決してないけど。神保悟志は本当にこれをレアチーズケーキだと思ったのだろうか?うーん……

 

半分くらい食べたところで、「重い……」と感じ始めた。豆腐だけで400gくらいある。それに大豆本来の甘みとジャムのハーモニーで血糖値がグングン上がっていくのが分かる。醤油で食べたい。遠くのほうで談笑してるカップルたちは、だし醤油とか持ってないかな?持ってないよな。持っててもくれないよな。生産者の皆様すいません。そんなことを思いながら完食。

 

3. 結論

↑レアチーズケーキ童貞

 

 

kubomi

 

万年補欠インターネッター


サイトお引越しいたしました!

モッケイエンタテイメントは、サイトを移転しました!

http://mokkei-entertainment.com/ 

 

これからは新しくなったモッケイエンタテイメントをお楽しみください。 

 

 

 

 

 

 

2012年

12月

30日

電車は公共交通機関!三つのルールを守って君もマナーマスターに!

2012年

12月

15日

頑張って描いた絵 『セルフポートレート』

2012年

11月

08日

新人類

かつて『新人類』という言葉が流行語となった年があった。

続きを読む

 

ナルヒラ